外資系転職に向いている人

世界中で自分の力を試したい人におすすめ


外資系企業では、世界各国に支社があるところが多く、勤務地によらず自分の力を試したい人の間で、理想的な転職先の一つとして関心が集まっています。特に、ビジネスレベルの英語を使いこなせる人は、営業や事務、広報など様々な人と接する機会が多い職種で活躍できるチャンスがあります。最近では、コミュニケーションスキルの高い中途採用者を海外転勤の候補に選ぶ外資系企業の数も増えており、海外で駐在員として働きながらキャリアを積みたい人にとって大きな魅力があります。また、外資系企業で必要とされているスキルについては、企業ごとに違いがありますが、転職後に生き生きと働くために、自分が得意な仕事を担当できる企業を選ぶことが重要です。

能力が高い人はスピーディーに管理職を目指せる


特定の職種の能力が高い人は、外資系企業に転職をした後に短期間で管理職を目指すことができます。例えば、人事評価に能力主義が採用されているところや、若手の人材を積極的に育成しているところを転職先に選ぶことで、スキルアップを図りながら責任のある仕事をこなすことが可能です。大手の外資系企業の中には、優秀な人材を迎え入れるために、中途採用試験の際に外国人社員による面接を複数回実施したり、ディスカッションやプレゼンテーションを取り入れたりしているところも多くあります。そこで、条件が良い外資系企業への転職を成功させるために、在職中から経験がある分野のスキルを磨いたり、英語によるコミュニケーションの訓練をしたりすることがおすすめです。