外資系転職のデメリット

外資系企業の特徴とは


外資系企業に転職しようとする方が多くなっています。外資系企業の特徴といえば、やはり成果主義を重んじている企業が多い点が挙げられます。日本の企業は、どちらかといえば昔ながらの年功序列タイプの企業が多く、成果を評価してもらえるとしても、やはり年功序列の方が重視され、長い期間勤務している社員の方が手厚く身分と報酬の面で保証される傾向にあります。
また、外資系企業の方が日本国内にとどまらず、海外とのやり取りが増え、刺激が多く得られるというメリットも挙げられます。今やグローバル社会となっており、海外とのやり取りはどの会社でも増えてきていますが、やはり外資系企業に勤務したほうがその頻度も深さも高く、やりがいのある仕事ができます。

外資系企業で働くデメリット


ただ、外資系企業で働くということについてもデメリットがあります。第一に、成果を上げることができなければ収入が減少する可能性が高いことが挙げられます。成果主義の企業の場合、成果を挙げられているうちは良いですが、成果実績が少なくなると収入源に直結してしまいます。日本企業のような安定性という面は外資系企業にはあまり保証されていません。第二に、外資の国家の文化が理解できないケースが挙げられます。出資している国家の文化が色濃く反映している外資系企業も多いです。日本文化の特徴である控えめな点や遠回しな表現などは評価されないことが多いです。外国の文化は、どちらかといえば自分の意見を強く主張することを求めますので、これに慣れていない日本人は苦労するケースが多いといわれています。